2016/3/8 19:42:41

カニンヘンダックスフンドの多頭飼いでよくある悩み

    1.多頭飼いならではの悩み

     カニンヘンダックスフンドといえば小型犬の中でも比較的飼いやすい犬種のため、2頭・3頭と多頭飼いをしている方が多くいます。多頭飼いをしているご家庭は、いつも賑やかで明るい雰囲気がありますが、ときには犬同士がケンカをしてしまうこともあります。いざケンカをしてしまったとき、飼い主さんはどう対応したら良いのか?その対応方法についてご紹介します。

    まずは犬社会のシステムについて知ろう

     犬たちにも犬の社会があるのはご存知ですか?犬はもともと群れで生活をしていたため、仲間同士の間に上下関係があります。優位であるか、劣位であるかという関係性のもと群れ全体に順位が形成されます。自分より下の犬を支配し、自分より上の犬には従属します。いわゆる「縦社会」になります。

    photo by Blues La Nanasim

    安易に首を突っ込んではいけない

     飼っているカニンヘンダックスフンド同士がケンカをしたさいに、飼い主がどちらかの肩を持つことがあると思います。このとき、両方のカニンヘンダックスフンドを公平に扱おうとして、飼い主さん自身が勝手に劣位であると思い込んでる方の子を抱き上げたり、慰めたりする傾向があります。逆のパターンでは優位に立っている子の立場を、劣位であるカニンヘンダックスフンドに示そうとして、優位に立っている子のことを優先的に扱ってしまったりします。飼い主さんの間違った行動が、立場を逆転させてしまい、さらにケンカを悪化させるだけでなくしつけ全体を台無しにしてしまいます。

    じゃあどうすればいいの?

     おもちゃやご飯の取り合いなどで問題がおきたとき、犬同士がケンカで解決することもありますが、一番良いのはケンカ禁止というルールを作ることです。

    ケンカを禁止にする場合は、ケンカが起こるたびにすぐ、両方のカニンヘンダックスフンドを叱ります(えこひいきしてはいけない)。ケンカがおさまったら互いに触れ合えるようにしましょう。ペットとして飼育されているカニンヘンダックスフンドには、必ずしもケンカは必要ありません。行動や姿勢だけで順位を示す事が出来ます。 

    2.成犬と子犬のケンカ

    基本的に子犬には寛容的である

     先住犬のカニンヘンダックスフンドが成犬であり、新しく子犬のカニンヘンダックスフンドを迎える場合、階級は年齢と密接に関係されるため、必ずといっていいほど成犬より子犬の方が劣位になります。しかし、カニンヘンダックスフンドに限らずほとんどの犬は、生後数か月の子犬の悪ふざけに対して非常に寛大であることが多いです。おやつを譲ってあげたりする姿も見られます。

    子犬が青年期に向かうにつれ成犬は寛容性がなくなっていきます。成犬がおやつを食べているとき、近づいてきた子犬に対し、うなったり威嚇をしたりする場合もありますが、この行動が見られるのは、劣位である成犬に多いです。社会生活の中へ子犬が来たことによって自信がなくなり、下位の存在だったカニンヘンダックスフンドの成犬は、威嚇し攻撃的な行動をとるようになります。

    photo by sⓘndy°

    3.他の犬種対カニンヘンダックスフンド

     グループ内では大きさ、形態、行動、気質がある程度、似ているのが野生の世界ではふつうです。ですが、これが飼い犬になると体型や大きさ、行動や気質も異なってきます。例えば、先住犬がカニンヘンダックスフンドのような小型犬であるのに対し、新しく迎える子犬は大型犬の場合、その大型犬が成長するにつれてカニンヘンダックスフンドを抜かしてしまいます。本来の野生の世界のグループならば、ここまで個体差がでることはありえません。
    では実際飼ってみるとどうなのかというと、犬種が違うことに関しては大きな問題が生まれることはありません。犬種間の問題というよりも、小型犬と大型犬並みにサイズが異なると別のところで生活に支障をきたす場合があります。遊ぶさい、サイズが違うことでカニンヘンダックスフンドが思わぬ怪我をしたり、散歩の量が違うので生活リズムが違ったりします。
    こうした面以外では特に気をつける事はないので、飼い主さんがそれぞれの子に合わせて、怪我をしないように常に気にかけてあげる事が大事です。

    photo by Interlibrarylowe

お役立ちコンテンツ