2016/3/11 19:04:24

カニンヘンダックスフンドの咬み癖は仔犬のうちになおそう

    1.仕方ない事だけど・・・?

     犬が噛む行為は本能であり、子犬のうちはしつけをしていないので仕方がない事です。とはいえ、人の手に噛む行為は決して良い行動とは言えません。飼い主からしたら“甘噛み”で通るかもしれませんが、よほどの犬好きではない限り、ふつうの人はただ噛まれたとしか思いません。

    噛み癖をしつけずにそのままにしておくと、カニンヘンダックスフンドが成犬になったとき、飼い主や他人を噛んで怪我をさせてしまう危険性がありますので、子犬の頃からしっかりとしつけをしておきましょう。

    犬の噛む習性を知っておこう

     子犬の頃は、“歯の生え変わり”の時期になると歯がむずがゆくなり、その違和感から固いものを噛んでしまうことがあります。

    また噛むことで周りの物の情報を得ようとします。犬は、気になった物を開けたり閉じたりなどといった人間が物を調べるときに行う動作をする事ができません。必然的に歯を使って調べるしかないのです。子犬は噛むこと自体を楽しく思っているので、感触や対象物の反応を見て子犬は喜びます。

    そのため、子犬同士の遊び方は噛みあってじゃれ合い、その遊びの中でカニンヘンダックスフンドは噛む力を学びます。だからといって人間と子犬が噛みあいっこをして遊んで教えるわけにもいきません。この場合、カニンヘンダックスフンドの子犬に、噛んでいいものと悪いものがあるという事を教えてあげなければいけません。

     

    2.遊びの中で教えてあげるしつけ

    引っ張りっこは効果的!

     遊びながら教えてあげることが子犬にとって最良のしつけ方法です。子犬が人の手を噛むときは、興奮している場合が多いので、わざと興奮しやすい状況を作り、教えてあげると良いのです。

    このとき、しつけがしやすい遊び方は、引っ張りっこです。ロープで引っ張りっこする事で様々な効果が得られます。物を噛むという欲求も叶えられますし、運動にもなります。

    ただ、この引っ張りっこは一歩間違えてしまうと、服を引っ張って遊ぶという最悪な”問題行動”を生み出してしまう恐れがあります。飼い主がまずリーダーになり、きちんとこの引っ張りっこのルールを理解してあげる必要があります。

    与えない罰でしつけよう

     引っ張りっこに限らず、遊びは基本的に飼い主から始めて飼い主が終わらせましょう。ロープで遊んでいる最中に、カニンヘンダックスフンドが興奮しはじめ、少しでも飼い主の手や衣服に噛みつくようなことがあったらすぐに遊びを中断します。

    子犬は動きのあるものに過敏に反応し、さらに噛みついて遊んでしまう可能性があるので、噛まれた瞬間は痛くても手を振り払うような動作はせず、一切動かさずにしましょう。
    このときロープはポケットの中にこっそり隠します。(子犬は噛んだ手や衣服に意識が集中しているのでこのタイミングで隠します)また「オシマイ」と力強く言って、そのまま立ち去ります。

    このようにカニンヘンダックスフンドのしたい事、好きな物を取り上げる”与えない罰”は、子犬にとって非常に効果的です。人間社会を理解させ、自分の頭で考え、判断させるようにすることは子犬のうちに行うことで優秀な愛玩犬にするために必要なことなのです。カニンヘンダックスフンドは人の皮膚などに歯が当たると遊んでもらえなくなると学習します。 

    photo by Bas Leenders

    引っ張りっこのコツ

     引っ張りっこの遊び方として、まずロープを見せます。このときカニンヘンダックスフンドは興奮して飛びついてこようとしてきますが、飼い主は「マテ」などの指示を出して制止させ、一度落ち着かせましょう。冷静になったところで、ロープの動きに抑揚をつけ、カニンヘンダックスフンドの興味が湧くように、引っ張りっこを始めましょう。
     
    たまに途中で手を放してあげて、わざと負けることがコツです。負けっぱなしのゲームをやっても犬にとってはつまらないですし、自信をなくす要因にもなります。ただ、わざと負けるのは10回中1回と回数を決めておきます。負ける回数が多すぎると、遊び以外でも引っ張りっこをするようになって、飼い主が履いてる靴下などを引っ張って脱がせようとしてくることがあります。

    引っ張りっこ以外での教え方

     噛んでもいいおもちゃをたくさん部屋に用意しておきます。おもちゃを噛んだら褒めてあげ、スリッパなど噛んではいけないものを噛みにいこうとしたら、おもちゃの方に誘導させます。このおもちゃを噛むと良いことがあると子犬に思わせ、自分から自然におもちゃを噛みにいくようにさせます。きちんとできたら飼い主はたくさん褒めてあげましょう。噛んでも良いもの、噛んだら悪いものの区別をさせておくことで、物を破壊したり、人の手を噛みにいったりすることが次第になくなってくるはずです。

    photo by Quentin Meulepas

お役立ちコンテンツ